おばさん脚をなおす

先日テレビでおばさん脚をなおすという特集をしていました。
やはり中高年になってくると、ふくらはぎのお肉が下に落ちてきて、
足首がなくなってしまうのです。

筋肉の衰えと脂肪の付き過ぎ、結構目もあてられないことになります。
まずは、筋肉をつけること。
かかとを50回くらい連続で上下させて脚の筋肉をつけることが効果的だそうです。お尻のほうまで筋肉を使う感じなので、脚を細くするには有効な運動です。
更に、食生活の方にも気を配ると、より効果的。
最近は酵素ドリンクを飲んでる方が増えました。

酵素飲料

酵素飲料は不足しがちな栄養を補給してくれるのでおすすめです。


ママさんナースさんが思うこと

子どもがいても仕事をしている看護婦をママさんナースと言ったりします。
ママさんナースは、やっぱり一番に子供のことを考える方が多いですね。
お給料がいい病院よりも、子供に何かあった時に休みやすいとか、土日が休める職場が人気なのです。
また、とりわけママさんナースに支持されるのが、院内保育がある職場です。
同じ敷地内に子供がいるととても安心です。
なかには、24時間保育をしている、総合病院もあります。
また、夜勤があるお仕事からクリニックに転職する看護師さんも多いです。
子供が高校生になると手はかからなくなりますが、今度はお金がかかるので、フルタイムでしっかりとお給料がもらえる職場を希望する方もい
ます。
自由に選べるのは魅力ですね。

タワシで身体を洗っています!

我家では全員、お風呂で身体を洗うときに必ずタワシで擦っています。
実はもともとタワシ擦りは、おばあちゃんだけがしていました。
そして、いつもおばあちゃんのお肌を見るたびに、年齢の割にはシワもないし、お肌もツルツルしていることに、家族が気付き始めたのです。
それからは、自然と家族全員がタワシを使うようになっていました。
もちろん最初は痛く感じたので、比較的痛みが我慢できる足や手だけを擦っていました。
だけど慣れというか…だんだん、その痛さも気持ち良く感じ始めました。
今では、最後の仕上げに顔もタワシで擦っています。
当然、私のお肌もツルツルです。
それと足の裏をタワシで擦れば、風邪も引かなくなるそうです。
みなさんもタオルといった柔らかいモノで洗うより、少し刺激があるタワシで身体を擦ってみてはいかがでしょうか。
刺激が、お肌を活性化させますよ!